HOME > 2006年05月

2006年05月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

ブログのくせに全然日記を書かないブログですが、近況も兼ねて。ていうか日記というより雑記ですね。


■ドイツW杯日本代表発表


わーんついに決まりました! 久保が落選して巻が選ばれる波乱もありましたが、その他はだいたい予想通りですね。(それにしても巻父はいいキャラしてます)
久保は一番期待していたFWだっただけに悔しいけれど、コンディションが良くない以上、仕方のないことなのかもしれません。ああ、でもあんな良い選手がW杯に出られないなんてもったいなさすぎる。04年欧州遠征のチェコ戦で見せてくれたようなゴールをW杯でも見たかった……。本当に惜しい。


松井大輔が落ちてしまったことも残念。個人的には、最近結果を出していない玉田を替えて松井にしてほしかったところ。結局アテネ五輪組は駒野一人だけが選ばれたことになりますね。田中達也も怪我さえしてなければ……。


中村俊輔は念願叶っての選出。本当におめでとう…! 4年前に辛酸をなめた彼も今ではすっかり代表のエース。彼なくしてジーコジャパンは成り立たないと言っても過言ではないくらいの選手です。活躍が今から楽しみですが、もう怪我だけはしないでくれ~!と心から祈っています……。


厳しくなるだろうグループリーグ3戦について最近はどうも悲観的になっていたけれど、メンバー発表で俄然盛り上がってきました。(安易だなぁ自分)
ブラジルはもちろん、オーストラリアとクロアチアも確かに強い。でも日本だってずっと国際経験を積んできた黄金世代が今やチームの中心なんですよね。99ワールドユース準優勝、シドニー五輪ベスト8、日韓W杯ベスト16。この選手たちが中心になるドイツ大会ではどんなゲームを見せてくれるんだろう……そんなふうにずっと夢見てきたW杯が目前に迫っている。今は負けることを考えず、日本が誇る選手たちが世界中を驚かせてくれることを期待したいです。


それに、引き分けに持ち込んだブラジル戦が記憶に新しい去年のコンフェデ杯、勝利を飾ったチェコ戦や美しいゴールを見せてくれたイングランド戦が印象的だった一昨年の欧州遠征と、この時期のジーコジャパンは一年を通して一番強いんですよね。合宿で連係を深めていけば、本番でも良い試合を見せてくれるはず。下馬評なんて必ず覆してくれることを信じています。


■ユニフォームを購入


サッカー熱も高まり、日本代表ユニフォームをネットで購入。実は初めてのユニフォームなので嬉しさも倍増です。(日韓大会の時は俊輔が落選してそれどころじゃなかった…)
もちろん俊輔のマーキングで背番号は10。試合の時はこれを着て応援するぞ~♪


■ハリポタ6巻発売


今日発売の日本語版6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、アマゾンからさっそく届きました。しかしこのタイトル訳はやっぱり何とかならなかったんですかね…。
上巻だけちょっとパラ見したんですが、うひ~楽しみです! ルーナ! スネイプ先生! ルーピン先生~! 事前にネットで少しだけネタバレを知ってしまったのが痛いですが……。
しばらく読み込んでから感想も書くつもりです。ただW杯がすぐ控えているので、記事を書くのは遅くなるかも。


■MONSTERサントラリミックス


ずっと気になっていたサントラのリミックス『MONSTER REMIX -OCTOPUS-』を聴くことができました。4曲目の『Drift Mind (Child who dreams mix)』(FreeTEMPO)、6曲目の『GRAIN (Jazztronik Operation)』(Jazztronik)がお気に入り。


4曲目の元となった『Drift Mind』(サントラ1に収録)はテンマの葛藤が主題のイメージだったけれど、このリミックス曲は「子供」がテーマだそうです。懐かしい音色のする冒頭のピアノから『Drift Mind』おなじみのメロディに切り替わる瞬間がドラマチックで、テンマと双子の運命が交錯したあの日の夜を思わせます。
6曲目はミステリアスな雰囲気がとにかく格好良い曲ですね。


■デスノート完結


ついに完結しましたねー。月ー! Lショックでもうずっとコミックスも買ってなかったんですが、最近は本誌の展開が凄くて立ち読みで追いかけていました。とりあえず松田が格好良くなっていたのがビックリです。ところでミサはどうなったの?
実写映画も楽しみなんですが、日テレでアニメ化もされるそうですね。できれば火曜深夜枠がいいなぁ。『MONSTER』はもちろん、『MASTERキートン』、『剣風伝奇ベルセルク』とこの枠のアニメは半端じゃないクオリティですからね。『ベルセルク』を観た時の衝撃は今でも忘れられない…。


■今号のPLUTO


『Act.30/キンバリーの三博士の巻』、今まで立ち読みで済ませていたのに面白すぎて雑誌を購入。とりあえず叫ばせてください。エプシローン! アドルフさーん! 天馬博士ー!!
これはまた別の記事で書きたいなぁ…。エプシロンのあの表情に腰砕けですよ……。

スポンサーサイト
[雑記]ブログのお知らせ・日記 | 22:04:36 | コメント(2) | ▲TOP

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。