HOME > スポンサー広告 > MONSTER 第47話「悪夢の扉」HOME > [MONSTER]アニメ他 > MONSTER 第47話「悪夢の扉」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

自分の名前すらもいつの間にかわからなくなっていくという511キンダーハイム。
どれほど残酷な所だったのかグリマーさんによって思い知らされた前半のパートと、物語の核心となるニナの記憶の断片と重要人物が明かされた後半のパート。どちらも食い入るように魅入ってしまいました。
原作で知っている場面も色や音、声が付けばイメージが変わる。
次々と映る過去の映像や重要なキャラクターなど、周到に張られている伏線がたまらない回でした。

【あらすじ】
重傷を負ったスークは警察病院ではなく旧秘密警察の病院に収容されていた。
旧秘密警察の幹部カレル・ランケ大佐はスークと引き換えにテープを要求するが、グリマーは自分が511キンダーハイム出身者であることを告白し、要求をはねつける。だがそれを聞いたランケ大佐は511キンダーハイムへ入所させたという甥について尋ね、少年のことを不意に思い出したグリマーは記憶の限りをまくし立てる。
ココアが好きで、絵を描くのが好きで、虫が好きだったアドルフ・ラインハルト――紛れもなくランケ大佐の甥だった。


その後、危機感を募らせたテンマは事件のすべてを語り、秘密警察が「三匹のカエル」から双子の親子を連行した件について問いつめる。
ランケ大佐から語られる一人の男の名はフランツ・ボナパルタ。
同じ秘密警察に所属していながら何をやっているのかわからなかったというこの男は「赤いバラの屋敷の男」と呼ばれ、絵本「なまえのないかいぶつ」の著者でもあった。


一方、ディーターとともにチェコ・プラハへ来ていたニナは見知らぬ人間から親しげにアンナと呼ばれ戸惑う。彼女は「三匹のカエル」で過去のフラッシュバックに襲われ、子供時代の記憶に混乱する。

田中秀幸さんのグリマーさんは本当に安心して観ていられますね。むしろ感動すら覚えてしまう。思い出したそばから忘れないように「アドルフ・ラインハルト」少年のことを次々と言葉にするグリマーさんのシーンはまさに独壇場。あの勢いにのめり込んで観ることができました。


後半はニナの交錯する記憶とランケ大佐の話を交互に映し、ある人物を効果的に印象付けていました。
アニメでは初お目見え、フランツ・ボナパルタ。
好きなキャラなので、登場した瞬間キター!と取り乱すくらい興奮してしまいました。
制服を嫌い、お茶とケーキを好む優雅な男。
ってやっぱり甘党ってことですよね? うひひ。


ここから原作ネタバレです。何度もすみません。反転して見てください。↓↓↓

声は野沢那智さん。渋いです。そしてワイルドでもあります。
ボナパルタは、なんとなくグリマーさんを演じている田中秀幸さんの声のようなイメージだったので、癖のある暗いトーンでの「人間はね……何にだってなれるんだよ。」は正直意外でした。
ただし真相を知らなければ怖い印象を持つ口調はミスリードを誘っていいのかもしれません。あの言葉が実は……という驚きも肝ですからね。 そういえばボナパルタの髪が黒いように見えたのですが、あれは影に隠れていたからでしょうか? 原作では黒髪じゃなかったので。ともあれ今後の彼のシーンが楽しみです。

↑↑↑ここまでネタバレです。


他には、いつもより男前度がアップしていた気がするテンマだとか、久しぶりに登場したニナとディーターだとか、最後の「おかえり」だとかいろいろあった47話ですが、キリがないのでとりあえずこの辺で。

[MONSTER]アニメ他 | 21:55:07 | コメント(2) | ▲TOP
■ コメント

* こんにちは~りゅかです。

昨日、こちらにコメントを書きにお邪魔しようと思っていたらちょうどどんぐりさんがコメントを下さったので、博士パワーを感じていました!
でも私達ぐらいですよね、ボナパルタボナパルタ言ってるのって(苦笑)なぜだ…あんなに素敵なのに!

スーツを着た甘党の紳士、やっぱり素敵すぎますよねv
取り乱すお気持ちとっても良く分かります!私テレビ投げそうでしたもん(オオィ)
あんな声で甘党だなんてもう…犯罪ですよね!
私も早くスケッチにいそしむお姿を拝見したいです~。

これからもどんぐりさんの博士記事楽しみにしております。では*
あっスナドリネコさんがルンゲにそっくりで笑いました~!目の曲線がそっくり(笑)
2005-04-06 水 14:01:58 | URL | りゅか [ 編集]

* りゅかさん、こんにちは。

博士パワー感じてもらいましたか!
テレビ画面に出てきた時はほんとに嬉しかったですね。
登場シーンだけ何度も繰り返して見たりして。
並み居る個性キャラぞろいのMONSTERの中でもかなりおいしい役どころの博士なのに、Googleで検索してもヒット数が少なくて寂しいです。
まぁ、アニメで広まれば今後もっとファンが増えるのかもしれませんが。
それまで頑張って待ち続けましょう。

> あんな声で甘党だなんてもう…犯罪ですよね!
ですよね(笑) あの方がケーキをほおばるところも見てみたいなぁ。
無表情で、でもよーく味わって食べるんですよ、きっと。
スケッチシーンは絶対外せない楽しみなシーンですよね。
アニメの出来が想像以上に素晴らしくて期待せずにはいられないってもんです。

> これからもどんぐりさんの博士記事楽しみにしております。
あわわありがとうございます。大した記事じゃないですが、この言葉を励みにして頑張ります!

そうそう、ルンゲさんとスナドリネコさん、そっくりですよね(笑)
あのシーンを見た瞬間の感動と笑いをわかっていただけて嬉しいです~。
2005-04-06 水 23:24:26 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/104-7fd6d06f

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。