HOME > スポンサー広告 > MONSTER 第50話「バラの屋敷」HOME > [MONSTER]アニメ他 > MONSTER 第50話「バラの屋敷」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

ルンゲ警部大活躍(ってほどでもないけれど)の回。彼が画面に登場すると途端にいぶし銀なアニメになりますね。地味なキャラですが、鋭い目線、磯部勉さんの低く怜悧な声にしびれます。

【あらすじ】
独自に捜査を進めるルンゲは、絵本「なまえのないかいぶつ」の作者エミル・シェーベ(別名フランツ・ボナパルタ)が使っていたというバラの屋敷に辿り着く。旧秘密警察のランケ大佐は「本当の恐怖を見るかもしれない」とルンゲに警告するが、ルンゲは屋敷の扉を覆う壁を壊し、隠された部屋に足を踏み入れる。何十人もの人間がこの部屋で死んだと感じたルンゲは、双子の母親が描かれた肖像画を見つける。
フランツ・ボナパルタの元担当編集者だったという男のもとを訪れボナパルタについて尋ねるテンマ。しかし、ドイツの事件でテンマの顔を知っていたその男に密かに通報されるのだった。
スークの身を案じたグリマーは、スークに着せられた罪を自分が被ると決意し、テンマと別れる。その後バラの屋敷へ向かったテンマだったが、ついにチェコ警察に逮捕されてしまう。

冒頭はアンナを回想するスーク。髪を下ろした彼はずっと若くなってかわいいです。スークも心の底ではアンナが事件の犯人とされる「金髪の美女」だとわかっているんでしょうね。ただそれを認めてしまうのが怖いだけで。
そんなスークを見透かしたように「一番疑いたくない人物を疑え」と言葉をかけるルンゲ警部。銃口を向ける秘密警察の男にも怯まず、ランケ大佐に不吉なことを言われてもバラの屋敷に平然と突入して格好良いところを見せてくれました。ランケ大佐に「長期休暇ができる身分が羨ましい」なんて皮肉られる彼もまた一興です。


最近はずっと行動を共にしていたテンマとグリマーさんの癒しコンビも今回でついにお別れ。グリマーさんにはしばらく会えないのね。寂しいです。
「罪を被れば一生逃げ続けることになる」と言うテンマに対して「平気だよ。グリマーって人間はこの世にいないんだから」とあっけらかんと笑顔で語るグリマーさんは悲しく、そして彼らしい。ずっと自分の名前を探し続けている彼もまた「なまえのないかいぶつ」の一人ですね。 (原作ちょいネタバレ→)お別れの言葉がピクニックなのが切ないですね。みんなでピクニック、ぜひともしてほしかった。(←ここまでネタバレ)


フランツ・ボナパルタの元担当編集者の話で徐々に明らかにされるボナパルタの人物像。
秘密警察に属していながら、やわらかく優雅な物腰を持つ男。
精神科の博士号を持ち、心理学者でもあり、脳外科医でもあった。
これで絵本作家でもあるのだから、「万能の人」と言われたレオナルド・ダ・ヴィンチを否が応でも思い浮かべてしまいます。ダ・ヴィンチのようにきっと他にも色々なことができたに違いない。
(原作ちょいネタバレ→)しかしバラの屋敷にあった肖像画では双子の母親がドレスを着ていましたが、あれって実際に着ていたわけではないですよね?
あんなふうに花束を持っていたとも考えられないし。憎しみの表情を浮かべる彼女を描いたスケッチから、脳内の 妄 想 想像を付け足して完成させた絵ですよね、たぶん。博士………そんなあなたが好きです。
(←ここまでネタバレ)


グリマーさんと別れた後、怪我をした子供にやさしく語りかけカバンから治療グッズを取り出すテンマは、ディーターと初めて会った時の彼を思い出しました。やさしく頼りになる先生テンマはやっぱりいいなあ。木内秀信さんの穏やかな声もすごく合っていますね。

[MONSTER]アニメ他 | 22:10:04 | コメント(2) | ▲TOP
■ コメント

* こんにちは~。
私の所はこの回はまだ放送されていないのですが、素敵記事に我慢しきれずお邪魔させて頂きます!
妄 想 す る は か せ・・・・!すみません、激しく萌えました!!
そういえばそうですよね、彼女があんな格好している場面なんてまず有り得ないですし(深く考えた事なかった…)。
わ、私もちょっと(すごく?)変態なあなたが好きです博士…!(笑)

この間頂いた「ケーキを無表情で、でもよーく味わって食べる」っていうレスにも密かに悶えました私…。
では、変なコメントを失礼しました!
2005-04-18 月 22:36:03 | URL | りゅか [ 編集]

* りゅかさん、こんにちは。

激しく萌えましたか(笑)
スケッチはともかく、博士が彼女を着飾らせて彼女の前であの肖像画を描くなんてことはしなかったと思いますもんね。
やっぱりあの絵は博士の妄想の集大成なんでしょう……(遠い目)
一見かなり冷酷そうなのに(実際彼女にはそういうところしか見せてなさそう)実は不器用で変態な博士がステキです。

博士がケーキを食べてるとこって作中ではなかったから余計に妄想が膨らみます。
インテリだしきっと味にもうるさかったんだろうなぁ。
チョコケーキはここのに限る!とか。あぁまた妄想が……(笑)
2005-04-19 火 22:31:52 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/109-234ac8a0

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。