HOME > スポンサー広告 > MONSTER 第53話「決意」HOME > [MONSTER]アニメ他 > MONSTER 第53話「決意」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

テンマはエヴァを助けるために脱獄する決意を、エヴァはテンマのために裁判で証言する決意を。テンマとエヴァ、この二人に焦点を当てたのが今回の話。

【あらすじ】
ロベルトからエヴァの殺害予告を聞かされたテンマは、阻止するために脱獄を決意する。嘘の自供をしたのも、同じく脱獄を狙うミルヒとともに拘置所に護送されるその時がチャンスだと睨んだからだった。
そんなテンマの思惑も知らない弁護士のヴァーデマンとライヒワインは、接見を拒否され動揺する。
ヨハンの存在を法廷で証言することをヴァーデマンに求められたエヴァはテンマへの憎しみから一旦は拒絶する。しかしその一方でテンマと恋人だった頃を思い出していた。テンマへの愛情を認識した彼女は証言を決意するが、弁護士のバウルの正体がロベルトだと知らずに自分の居場所を電話で知らせてしまう。

過去の二人はほとんど女王様としもべ状態。恋人同士というにはどこかたどたどしい関係。エヴァはわがままでも綺麗でゴージャスだけれど、人が良さそうなテンマは頼りないばかり。(いや、でも坊ちゃん風テンマはなかなかかわいかったです。比べて見ると現在のテンマはかなり精悍な顔つきになりましたね)


サンドイッチのエピソードは、アニメならではの演出と音楽もあってただ切なかったです。見知らぬ子供のくれたサンドイッチをエヴァが口にするシーンでは、テンマに優しくしてあげられなかった過去の自分を悔やみ、彼ともう一度やり直したいというエヴァの気持ちが強く表れていました。
テンマに対して愛憎入り混じった感情を抱くエヴァが裁判での証言をするに思い立った話の流れを、無理なく印象的に描いたシーンだったと思います。


しかしこの人たちなんで付き合っていたんだろう…と過去のエピソードを観たら誰もが思うわけですが(笑)、テンマは優秀な脳外科医、エヴァは院長の娘、要するに利害が一致していたということでしょうか。エヴァがテンマを本当に愛していたとは思えないし、それはテンマもまた同じですからね。
過去のエヴァはまさか自分が振られるとは夢にも思わなかったでしょうね。そしてそれをいつまでも引きずり続けることになろうとも。
彼女がテンマを本当に愛し始めたのはテンマが振ったあの瞬間だったと思っています。愛といってもかなり歪んだ形ではありますが。


対してテンマ。
すでにエヴァと別れ、また彼女とやり直すつもりは毛頭ないでしょう。それどころかエヴァが自分を本当に憎んでいるとさえ思っている。
それでも彼女のために脱獄を決意したテンマ。ヨハンの罪を自分の罪のように感じている彼らしい選択です。エヴァが事件に巻き込まれたのは自分のせい。そんな風に自分自身を追いつめてしまうのがテンマなんですね。


ところで。
なぜロベルトはわざわざテンマにエヴァ殺害を知らせたのか。やっぱりヨハンがテンマを脱獄させるためにしたことと思うべきでしょうね。ヨハンはテンマの性格なら必ず脱獄してエヴァを助けようとするのはわかっているはずですから。


ついでに。
「MONSTER」ではよく食べ物が出てくるのですが、今回はテンマの作ったサンドイッチが登場。結局は泥だらけになってしまったけれどおいしそうでした。サンドイッチはそんなに難しくないけれど9話「老兵と少女」の回では肉じゃがを作ったり、(第62話「楽しい食卓」のネタバレ→)後のシーンでは親子丼を作ったりと、(←ここまでネタバレ)さすが器用な脳外科医、料理も得意なんですね。単身ドイツに留学してから頑張って習得したんでしょうか。テンマの手料理……いいなあ食べたい。

[MONSTER]アニメ他 | 19:45:03 | コメント(0) | ▲TOP
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/113-a256a4a9

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。