HOME > スポンサー広告 > 「ふたつのスピカ」etc. 最近観ているアニメたち。HOME > [エンタメ]アニメ・漫画 > 「ふたつのスピカ」etc. 最近観ているアニメたち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

最近のアニメ感想は「MONSTER」しかしていませんが、他のアニメも観ています。


●「ふたつのスピカ」


一番のオススメアニメです。「古びた森小屋」さんが記事にされていたので私も便乗してみました。

【あらすじ】
有人宇宙探査ロケット「獅子号」が市街地に墜落し、その大事故によって母親を亡くした少女アスミ。夢潰えて幽霊になってしまった獅子号のパイロット「ライオンさん」に出会い、宇宙飛行士になる夢をいつしか抱くようになる。
中学卒業後、「国立東京宇宙学校」に入学したアスミは、他の仲間たちとともに夢に向かって成長していく。

「プラネテス」の後番組だったので観始めたのですが、今ではお気に入りのアニメのひとつです。「プラネテス」も「スピカ」も宇宙を扱っていますが、作品の雰囲気はかなり異なります。「プラネテス」はリアル指向でしたが、「スピカ」は幽霊キャラも出てくるように、あくまでファンタジック。このアニメに一貫して流れるのは、あたたかく、時にはじんとくるやさしい空気です。キャラクターたちの重く暗い背景も描かれますが、穏やかな気持ちになって観ることのできる稀有な作品に仕上がっています。


いちばんの魅力は何といってもアスミを始めとしたキャラクターたち。
小さく純粋で、ひたむきな女の子、アスミ。
アスミに宇宙への夢を託した幽霊のライオンさん。
ある秘密を持ち、人を拒絶して生きてきたマリカ。
明るく感情豊か、熱血なところもある圭ちゃん。
アスミの幼なじみで、アスミを影で支えるメガネ少年、府中野くん。
クールでいつも飄々としている眉なし少年のシュウ。
彼らによって、「スピカ」のやさしい物語がつくりあげられていきます。


やっぱり気になるのはふっちーこと府中野くんとアスミの関係。アスミをずっと見守っているくせに素直じゃないふっちーがかわいいです。彼が報われる日はいつの日か来るのでしょうか。アスミちゃん、気づいてあげてー。
他の登場人物で好きなのは、佐野先生(あの無駄な色気は何)、塩見先生(渋くて格好良いよ先生)、リンゴさん(いいキャラしてます)ですね。


好きな回は、第5話「おかあさんの顔」、第14話「悲しい笑顔」、前回の第15話「ひとりぼっち」です。
5話は無条件で泣けました。
14話は佐野先生の回。窓際で宇宙の写真集を見ている佐野先生は、「Love Letter」(岩井俊二監督)に登場する回想シーンの樹(柏原崇)にそっくり。佐野先生、これからどうするのかな。
15話は、アスミを元気づける仲間たちとマリカのエピソードがよかったです。


ちなみに、アスミの声はクレヨンしんちゃんの矢島晶子さん。しんちゃんははっちゃけた声、アスミは幼くかわいい声、他にも(マトモな)少年声や大人の女性の声も難なく演じていたりしてすごい声優さんだなぁと。
声優といえば、映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」でルーピン先生の吹き替えをした郷田ほづみさんが、「スピカ」では音響監督をやってらっしゃるのにもびっくりしました。芸が広いですね~。


原作の漫画も1巻だけ購入しました。
素朴で味わいのある絵柄が、硬質な線で綺麗な絵の今時の漫画と比べて逆に新鮮。
原作の圭ちゃんはメガネをかけていました。


「ふたつのスピカ」公式サイト


他にも観ているアニメのメモをいくつか。


 

●「ハチミツとクローバー」


略してハチクロ。原作は未読です。原作が人気らしいということと、挿入歌がスピッツということを知って1話から観ています。ギャグとシリアスの落差が激しいのでその辺はついていくのがちょっと大変ですが、基本的にはほのぼのと観ていられるアニメですね。
最初なぜか森田先輩の名前を真山、真山さんの名前を森田とカン違いしていました。
気になるキャラは森田先輩。いい味出しています。
カップリングでは、森田×はぐが好きですね。


「ハチミツとクローバー」公式サイト


 

●「ガラスの仮面」


略してガラ亀。漫画の最初のほうは知らないので楽しく観ています。
マヤの外見はわりとそのままですが、亜弓さんや速水さん、桜小路くんがずいぶんと変わっていましたね。
亜弓さんの声は「スピカ」のアスミちゃんと同じく矢島晶子さん。品のあるお嬢様の声も文句なしに上手いですね。紫のバラの人、速水さんの声を充てるのは森川智之さんですか……うわぁ格好良すぎる。一番驚いたのは桜小路くん。くるくるの天然パーマじゃないよ!(笑) まったくの別人と言っていいほど美形度がアップしていて、存在感までアップしたんじゃないでしょうか


「ガラスの仮面」公式サイト


 

関連記事:

[エンタメ]アニメ・漫画 | 20:22:02 | コメント(4) | ▲TOP
■ コメント

* 色々見られてますね。
「スピカ」は原作から入ったのでどうもアニメの絵には違和感が。
アスミが大きすぎないかと。

「ハチクロ」は放送地域ではないのですよ・・・。
原作好きなんで見たいのですが。
オープニングが料理のアニメーションでしたっけ?
「H」という雑誌に完成品がずらりと載っていますので。
気になるようでしたら是非。
2005-05-15 日 21:22:37 | URL | rockanddance [ 編集]

* rockanddanceさん、こんばんは。

「遊BROG」さんでも前に「スピカ」の記事を書かれていましたよね。
確かにアニメのアスミは大きいかも。原作のアスミはかなりちっちゃいですからね。絵の素朴さ、癒し的なかわいさという面では原作のほうが高いです。

「ハチクロ」放送していないところもあるんですね。時期をずらして放送するのか、DVD発売(orレンタル)まで待たなきゃいけないのか、ファンとしてはもどかしいでしょうね。

>「H」という雑誌に完成品がずらりと載っていますので。
情報ありがとうございます。オープニングは一部で「キモイ」と評価されているようですが(笑)今度見てみようと思います。
2005-05-15 日 22:19:16 | URL | どんぐり [ 編集]

* こんにちは、chiakiです

ガラスの仮面、懐かしいです
中学生のときに友達が持っている本を借りて全部読みました
1巻からすべて読んでいますが、未だに完結していない長すぎの漫画ですね

友達の母が読んでいたらしいので、ヘタすると親子三世代にわたる長期連載漫画になろうかと。。。。


2005-05-18 水 22:20:21 | URL | chiaki [ 編集]

* chiakiさん、こんばんは。

chiakiさんは1巻から読まれているんですね。
ガラスの仮面は私も中学の頃に雑誌の連載で読んでいました。
あの頃ですでに長期連載と言われていましたが、いまだに完結していないとは……
ファンにとっては、最終回をこの目で見るまでには死ねないとかなんとかだそうで、作者の方にも頑張ってほしいですね。

>ヘタすると親子三世代にわたる長期連載漫画になろうかと。。。。
漫画好きの家族だったら、代々読み継いでいくということもありそうですね。
アニメ化で面白さを知って漫画を購入した人もいるでしょうし、まだまだガラ亀の時代は終わりません(笑)
2005-05-18 水 23:15:54 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/115-0111f4f0

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。