HOME > スポンサー広告 > MONSTER 第59話「悪魔を見た男」HOME > [MONSTER]アニメ他 > MONSTER 第59話「悪魔を見た男」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

久しぶりのMONSTER感想です。サッカー・コンフェデレーションズカップでアニメ感想にまで手が回らなかったけれど、ちゃんとアニメは観ていますよ~。何話分かたまっているので頑張って追いつこうと思います。って今夜には私の地域ではもう61話が放送されてしまいますが(^^;


今回明かされたマルティンの過去。登場する誰もが心に傷を負っている、「MONSTER」らしいエピソードだと言えるのかもしれません。

【あらすじ】
エヴァの仕事はヨハンをパーティー会場で指し示すこと。メガネの男の連れてきた若い青年とヨハンが会うことで、エヴァの仕事はここで終わる。
一方、テンマはエヴァの居場所をマルティンに問いつめる。テンマからエヴァの命が危ないことを知らされたマルティンは一人メガネの男のもとへ向かうが、意図に反して銃を渡される。組織にとって用済みとなったエヴァを殺すことがマルティンに与えられた本当の役目だった。「もう人は殺せない」。マルティンはエヴァを連れて逃亡を図る。
その後、エヴァの言う「悪魔」を見るために、マルティンはヨハンと会っていた若い青年の後をつけるが、その青年にホテルの部屋に招き入れられる。そこでは青年に次々と自分の過去を暴かれ、マルティンは恐怖のまま部屋を去るしかなかった。

冒頭はマルティンに付きまとい、逆に殴られ蹴られちゃうテンマ先生。素敵なほど弱いです。それでも震えながら「エ…エヴァを……」とか言ってます。うーん、かわいい。(はい?)
マルティンも絶対嫉妬が入っていますよね。なのにテンマと会ったことを律儀にエヴァに報告したり。


今回初登場キャラのクリストフ。ヨハンから聞いたのか、マルティンの過去をこれでもかというくらいに挙げ連ねていた青年です。
個人的にはわりと印象が薄かったのですが、大きな前歯も原作より誇張されて、アニメ化でずいぶん濃ゆい人物に。原作では後半の登場ということもあって、次々と出てくるキャラクターたちの中で埋もれがちでしたが、「世界まる見え! テレビ特捜部」のナレーターの人(笑)が声を充てたら気持ち悪い人物度が格段にアップ。幼稚でねっとりした喋り方にアニメ視聴者にも強烈に心に残ったのではないかと思われます。そういう意味ではアニメ化されてよかったキャラなのかも。


それにしてもクリストフがマルティンの傷を執拗にえぐるシーンで思ったのは、マルティンも女運がかなり悪いということ。エヴァの男運の悪さも相当なものですが、彼の場合、母親に始まって好きになる女はみんなアル中だったりヤク中だったり散々ですね。それほど母親の影響は大きいということですか。


59話で一番印象に残ったところといえば、やっぱりエヴァとマルティンのシーン。
ヨハンを見つけ出し、後は殺されるのを待つだけとホテルの部屋で一人酒を飲むエヴァ。自分を殺すのがマルティンだということも全部わかっていた。だけどマルティンはエヴァを殺せない。
マルティンの「逃げよう」って言葉、エヴァはすごく嬉しかったはず。意地っ張りなうえにそんなことをしたらマルティンが殺されることもわかっているから態度には出さなかったけれど、彼女にとっては大きな言葉だったでしょうね。
酔って足をふらつかせながらマルティンに倒れこむエヴァがもうかわいそうで綺麗で艶っぽくてよかったです。ここは原作以上かと。エヴァ役の小山茉美さんの演技の巧さも堪能できたシーンでした。

[MONSTER]アニメ他 | 22:44:56 | コメント(0) | ▲TOP
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/130-7e044612

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。