HOME > スポンサー広告 > MONSTER 第69話「安らぎの家」HOME > [MONSTER]アニメ他 > MONSTER 第69話「安らぎの家」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

町の子供達にいじめられている少年に付け込むように銃を渡す老夫婦、町から連れ出してくれる素敵な人が現れたと喜ぶソーセージ屋の娘、大雨で交通が寸断され孤立状態となった町のあちこちで幾度も響き渡る銃声……。歯車が狂い、次第に状況が悪化していくルーエンハイムの様子が描かれた回。

【あらすじ】
ヨハンが「完全な自殺」を始めようとしているとニナから知らされたテンマは、ボナパルタの居場所を知るためにチェコのプラハへ赴く。そこではボナパルタの息子・リプスキーから、ドイツ系チェコ人のボナパルタの本名がクラウス・ポッペであり、故郷のドイツへ帰ったという情報を得る。さらに、ボナパルタが別の名で描いた絵本のタイトルが「Ruhenheim」(安らぎの家)だったことから、ボナパルタの故郷がルーエンハイムであることを突き止める。
そのルーエンハイムではすでに惨劇が始まっていた。この事態を予測していたルンゲとグリマーもなすすべがないまま、銃がばら撒かれ、銃声が鳴り響き、人が殺された。大雨で陸の孤島と化したこの町に、今テンマが向かう。

おいしいコケモモジャムを作ったコンラートさんの写真を老夫婦に見せるホテルのオーナー。そんな和やかなやりとりの一方、当のコンラートさんは血を流して死んでいた……。ルーエンハイムの殺戮が始まったことを告げる冒頭のシーンを、過剰な描写に頼らず淡々と描くところがいかにも「MONSTER」らしいです。


以下は原作のネタバレです↓↓↓
この死んだコンラートさんはボナ博士の数少ない友人だったそうで。チェコにいた頃は自分に心酔する人間はいても気心が知れた友人なんてほとんどいなかったと思われる博士にとっては、コンラートさんは大切な友人だったのでしょうね。ボナ博士はお茶とケーキが大好物(この言い方かわいい…)らしいから、ジャム作りの得意なコンラートさんと友達になったのも納得がいきます。二人とも甘党で気が合ったんだろうな…
↑↑↑ここまでネタバレです。


ルーエンハイムの街を見渡して、これから起きることを話し合うルンゲ警部とグリマーさん。前例として住民同士が殺し合い生存者が一人も残らなかった事件が二人によって語られます。「ニーダーザクセン州」「ツヴァイフェルシュタット」など固有名詞がもっともらしく聞こえるけれど、試しに検索しても大したヒットはないから、これは作者の創作した事件でしょうね。それでも、これからこの町でも起きる異常な事態にリアリティを与えるという点では効果的なエピソードだと言えます。


原作ではニナとテンマのシーンの後、姿を消したテンマを必死に探すディーターが描かれるのですが、残念ながらアニメではカットされていました。
以前の回で、チェコからドイツに戻ったニナとディーターをライヒワイン先生が迎えるシーンもアニメではカットされていたから、ディーターの関連シーンは二度も省かれたことに。チェコ編以降、出番が少ないとはいえ、OPにも出ているキャラなのにこの扱いはあんまり。「一緒にいてよ」と泣きながら言うディーターが見たかった…


今回、再び登場したリプスキーさん。以前は路上で人形劇を見せても人が集まらなかったけれど、ニナを模した女の子の人形劇ではお客さんをつかむことができたようです。
創作のためにバラの屋敷に通い、父親の絵本に似たタイプの人形劇にこだわっていた彼の傾向が変わったのはニナに出会ったことが一番の要因かもしれませんが、赤いバラの屋敷が焼け落ちて父親のボナパルタに囚われなくなったことも大きいような気がします。父親と自分を結ぶバラの屋敷がなくなっても何の感慨も湧かないことに気づいたリプスキーさんが、「あんなものいらないから」と父親からの絵葉書を簡単にルンゲ警部に譲ったこともそれの表れなのかもしれません。


以下は原作のネタバレです↓↓↓
ボナ博士がヘルムート・フォス名義で描いた「安らぎの家」。これはもう今の自分をそのまま描いたものでしょう。話の内容がよくなっても絵がだめになったというのは、双子の絵ばかりを描いていたのと同じで心が満たされないからでしょうね。


エンドロールのキャストのところが早くも「ポッペ(ボナパルタ)」に変わってた……! 当のアニメが堂々とバラしちゃってどうするの~! もちろん声でとっくにわかっている人もいるとは思うけれど、それでもちゃんとタメを作ってほしかったなぁ。ああもったいない。
↑↑↑ここまでネタバレです。


  • グリマーさんとソーセージ屋の娘が会話するシーンでは、彼女と並んだグリマーさんの背の高さにときめきました。女の子と一緒のシーンだと高身長が際立ちますね~。190以上は確実にあるんだろうな。それを考えると映画のキャストはデヴィッド・シューリス(この人も相当背が高い)にぜひやってもらいたい。鼻が大きいとこもそっくりなのです。
  • 突然絵本マニアのところに押しかけているテンマに笑ってしまったです。原作では紹介してもらって訪ねたことになってるけれど、アニメでは省かれたから「なんでテンマこんな怪しい人のとこにいきなりいるの?」ってなりかねないような。
[MONSTER]アニメ他 | 20:49:57 | コメント(0) | ▲TOP
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/145-7f6138a6

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。