HOME > スポンサー広告 > プロフェッショナル 仕事の流儀/浦沢直樹HOME > [MONSTER]原作・キャラ語り > プロフェッショナル 仕事の流儀/浦沢直樹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

ひっそりと2007年初の更新です。って更新せずにはいられないほど興奮してますから自分。
NHK! 良い番組をありがとう! 前振りからてっきり20世紀少年の特集だけかと思っていたのに、PLUTOの原稿からMONSTERのことまで触れてくるなんてびっくりですよ。


まずMONSTER。
「心に闇を持つ冷酷な殺人鬼と、それを追う日本人医師。人間が持つ善と悪の二面性を真正面から描いたこの漫画」。このナレーションだけでごはん3杯はいけます。


そして極めつけはボナ博士とヨハンのどアップ。これはやばいです。私が。
主人公のテンマは1回くらいしか映らなかったのに、ボナ博士とヨハンのシーンは無駄に何回も出ているし。スタッフにファンがいるんでしょうか…。ボナ博士なんて地味な扱い受けて当然の人なのに…。「人間はね……何にだってなれるんだよ」という重要な台詞を言っていたシーンが画面映えするということで引用されたんでしょうかね。


ヨハンもね、「誰にも平等なのは……死だけだ」ってあのシーンばかり映ってもう鼻血ものでした……。カメラもこれ以上ないというくらいにどんどん寄っていくし、ヨハンのアップがあんなに拝めて、あーほんとに綺麗だなこの子は~と改めて思いましたです。


絵を描くうえで最もこだわっているのがキャラクターの表情だと浦沢さんは言っていたけれど、これにも納得。表情を読むだけでもどんどん考察が膨らむくらい、ヨハンやテンマ、どのキャラもみんな表情が深いですよね。


これ以外でも、発言全部をMONSTERに当てはめて受け取ってしまってました。
たとえば、脳と右手が一体化し、するすると絵が描けるという瞬間。MONSTERじゃどのシーンだったんでしょうね。想像では、18巻はそんなシーンの連続だったのかなぁと思っています。


また、20世紀少年の連載冒頭について浦沢さんと長崎さんで意見が分かれていたけれど、MONSTERでも当然そういうことは何度もあったんでしょうね。突き詰めていけばMONSTERという作品だって、二人の中で別々のものかもしれないですし。(まあ、あの『ANOTHER MONSTER』が長崎さんにとっての『MONSTER』なのかなとも思いますが)


ていうかテレビを観ていて、お二人にMONSTERのその後をどう捉えているのか尋ねたい気持ちに駆られてしょうがなかったです。ぶっちゃけヨハンのその後なんですが。
おそらく連載時、この番組のようにあーでもないこーでもないと話し合って結局あのENDに落ち着いたんでしょうが、二人とも個人としてはどう考えているのか。答えなんて知りようもないことはわかっていますが、それでもこうして書かずにはいられないのです……。


そういえば「ハリウッドで映画化が進むMONSTER」と堂々と番組で言っていたので、映画公開もこのまま期待していていいということですよね? 権利だけ取って映画化しないということもあるのかもしれないと不安だったので、そこは少しホッとしました。…まあ、まだわかりませんが。


MONSTERの次に嬉しかったPLUTO。
コミックス未収録分の、怖い顔のゲジヒトと放心状態のエプシロン。コミックス派にはネタバレもいいとこですよね(^^; 私は立ち読みで連載も追いかけているので大丈夫でしたけど。
これもエプシロンの顔がたくさん映って満足。(未収録分ややネタバレ→)普段は「私」なのに「僕は……」と言っているシーンなんて切なくなります。


それにしても浦沢さんが気に入っている描線の絵というのがゲジヒトさんで、やっぱりこの人は親父キャラが好きなんだなぁとしみじみ思いました。なんてわかりやすい…。


20世紀少年は読んだことがないんですが、去年に連載を休止したのは体の激痛のためだったんですね。でもそんなこと誌面では触れていないんですよね? 休止の際に普通だったら病気のためとか何か理由を書くはずなんですが、それをしないなんてある意味プライドの高い人だなあとも思ったり。


戦う相手が自分、目指す頂点は辿り着けない憧れの存在というところは、少し中村俊輔を重ねて見てしまいました。(俊輔は頂点がマラドーナだって絶対言うはず(笑))
二人とも、努力の天才なんでしょうね。


しかし浦沢直樹、47歳にはとても見えません。肌がきれい…。

[MONSTER]原作・キャラ語り | 21:49:02 | コメント(2) | ▲TOP
■ コメント

* 私もみました。
浦沢さんとアジカンのボーカルに似てるなと思いました。
後、モンスターを語る上で、マスターキートンのノウハウ
は、かかせなっかったと思うんですが、そこは触れられて
なかったです。マスターキートンファンとしてはちょっと歯痒かったかな。それにしてもボブディランの映像はかっこよかった。
2007-02-02 金 13:13:39 | URL | よはんねはん [ 編集]

* コメントありがとうございます。
MASTERキートンが番組でスルーされたのは、絶版問題が絡んでいるからだそうですよ。
漫画を読みたくてももう中古でしか手に入らないようですし、テレビでも触れられなかったのはそんな背景があったためのようです。
↓ウィキペディアでもこの件が少しだけ書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MASTER%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

私自身はMASTERキートンはアニメしか観ていないのですが、絶版は残念ですね。確かにMONSTERの礎になった作品だと思いますし、浦沢漫画を語るうえでは外せないですから。
2007-02-03 土 09:29:22 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/198-6abc960f

浦沢直樹浦沢 直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 - )は日本の漫画家。東京都府中市_(東京都)|府中市出身。東京都立富士森高等学校、明星大学経済学部卒業。代表作 2007-01-20 Sat 02:27:37 | アイカの部屋

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。