HOME > スポンサー広告 > 螺旋の海 第1話(小説/MONSTER)HOME > [MONSTER]小説・絵(腐向け) > 螺旋の海 第1話(小説/MONSTER)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

処刑の夜までの9年間の話です。原作で描かれないところは多分ああいう感じだったんじゃないのかなーと。
女性向け(ヨハン×テンマ)も大丈夫という方のみ、下のリンクをクリックしてください。


二次創作置き場へ >>


以下はあとがき、こぼれ話のようなもの。



ヨハンにロックオン☆されちゃった先生、ご愁傷さま~
…という回でした。自分で書いててもヨハン怖いよ~とか思ってました。おっそろしいお子様です、ほんとに。


キャンディの件について。
原作で院長三人がプレゼントのキャンディを口にしていたシーンがありましたけど、あの時はまだ毒は入ってなかったと思うんですよね。死亡時刻まで時間がかかり過ぎてますし。多分ヨハンはあの時にターゲット確認をしてたんだと思います。
で、あとでエヴァと庭師のやりとりでわかることですが、ヨハンは院長とツーショット写真を撮っていたんですよね。なのでその時にキャンディを渡していたんじゃないのかなーと予想。
こっそりポケットに忍び込ませたとかもありだとは思いますが、何食わぬ顔でしれっと渡しておくほうがヨハンぽいかなぁと。


闇の銀行について。
組織の大元はデュッセルドルフにあったらしいので、ヨハンが絶対に先生を見に来てるはずだと妄想。15歳ヨハンと33歳テンマという図がおいしいです。


処刑の夜について。
あれってすごく偶然?が重なりあってますよね。
食事に行ってるはずのテンマがわざわざ病院に戻ってきたり、ユンケルスさんが逃げた先に普通にヨハンが待ち伏せていたり。そもそもユンケルスさんがテンマの患者になったりしたのも、ヨハンはそれをあらかじめ見越していたんでしょうかね。
一応今回の小説では全部ヨハンの思惑通りみたいに書きましたけど、ヨハンさんの能力マジパネェっす……。
ヨハンてIQだけじゃなくて、シックスセンスもすごくありそうです。ロベルトのココアやら、終わりの風景、最後の白昼夢を見ても。

[MONSTER]小説・絵(腐向け) | 21:28:20 | コメント(6) | ▲TOP
■ コメント

* どんぐりさん、こんばんは。大変ご無沙汰しています。久しぶりにどんぐりさんのBlogを覗かせていただいたら、すごい小説が充実されてる・・・! 大変嬉しくなって、コメントをさせていただいた次第です。MONSTERはずっと大好きで思い入れのある作品ですので、これからもずっと応援したいと思っています。作品の方、これからじっくり拝見させていただきますね(*^o^*) ではでは、突然のコメントを失礼しました。
2011-09-04 日 23:53:23 | URL | 椎野 [ 編集]

* おおお、椎野さん、こんばんは! 本当にお久しぶりです…!
またこうしてやりとりできて嬉しいです~!

小説ですが、去年の年末に突然MONSTER萌えが再燃したので、思い切って二次小説に挑戦してみることにしたんですよ。拙くも萌えの行くままに書いていったら、書くのが楽しくていつの間にかこれくらいの量になってました。

MONSTERに関しては最初はアニメ感想だけのブログだったんですよね。気づけばキャラ語りから果ては絵、小説と二次創作にまで手を出すようになってしまって、萌えとはすごいエネルギーだなあとしみじみ実感しているところです(笑)
それではコメントありがとうございました!
椎野さんに少しでも小説を楽しんでいただけたら嬉しいです~。
2011-09-05 月 21:46:20 | URL | どんぐり [ 編集]

* こんにちは!
初めてコメントさせて頂くのでどきどきしております…笑


最近なかなかMONSTER補給できないな、寂しいな、なんて思っていたら小説が更新されていて!もう素敵です!
プロローグのアンナとヨハンがしゃべってるところが可愛すぎます。双子かわいいですね、お持ち帰りして撃たれたい…


連載になるということで本当に楽しみにしております~~それにヨハテンという!ヨハ!テン!笑
15歳ヨハンと33歳テンマって良いですね。あのひとたち18も離れてたんだな、と再確認。歳の差が醸し出す色気…無限大ですよね。


興奮していろいろ書いてしまいましたが、とにもかくにも応援しております!
2011-09-07 水 19:32:03 | URL | いこえ [ 編集]

* いこえさん、こんにちは!
こちらでのコメントありがとうございます~!
MONSTER、あんなにいい作品なのになぜかマイナーですよね。萌えと寂しさが高じて自家発電するに至ってしまいました…。

連載の小説も読んでいただき、ありがとうございます!
プロローグの双子の会話は、実は自分でも萌え萌えしながら書いてましたw 私も二人をお持ち帰りしたい…!
アンナがちょっと頭の足りない子のような気がしないでもないですが、ヨハンは早熟の天才、アンナは大器晩成のイメージかなと。

はい、ヨハテンです! ヨハ!テン!
テンヨハとはまた一味違う二人を書けたらなぁと思っています。早く原作後のエピソードを書きたい!
あ、テンマとヨハンは正しくは17歳差なんですが、ヨハンが16歳の誕生日直前だったので15歳と33歳と書きました。歳の差いいですよね~まさに無限大です。

原作沿いの二次小説の難しさに悶々としたりして中々筆が進まないんですが、遅筆ながらも何とか書き上げていきたいです。
いこえさんのコメント嬉しかったです、それではありがとうございました!
2011-09-07 水 23:19:42 | URL | どんぐり [ 編集]

* すっごい怖くて、すっごいドキドキしました。
でも読まずにいられない…。
続きをお待ちしております。
2011-09-13 火 23:30:25 | URL | KUMA [ 編集]

* KUMAさん、こんにちは!
前の連作短編とは違う雰囲気を目指して書いたので、怖くてドキドキしたとの言葉に、何とかそれは上手くいったのかな?と嬉しくなりました。
今回は、怖い怪物のヨハンがテンマに惹きつけられていく過程と二人の関係の変化を書けたらなあと思っています。遅筆ですが、こちらの連載もよろしくお願いします~。
2011-09-14 水 06:41:43 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/231-be3dd655

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。