HOME > スポンサー広告 > 螺旋の海 第4話(小説/MONSTER)HOME > [MONSTER]小説・絵(腐向け) > 螺旋の海 第4話(小説/MONSTER)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

第4話更新しました。三匹のカエル時代の回想とフランクフルト編が中心、双子の再会まで。
女性向け(ヨハン×テンマ)も大丈夫という方のみ、下のリンクをクリックしてください。


二次創作置き場へ >>


以下はあとがき、こぼれ話のようなもの。


ヨハテン的には地味な回。
でもクリストフに堂々と惚気るシーンとか、原作にはない捏造邂逅シーンとか、個人的には萌えポイントです。


大体原作からして「会いたがっていたよ……」ですからね…! 利用する気満々のクリストフにまでそんなこと言ってたなんて、ヨハンどういうことなの……(萌)
クリストフもテンマにヨハンの居場所をなかなか教えなかったのは、たぶん試してたんですよね。結局クリストフを助ける判断をしたテンマを見て、この男ならヨハンを殺すこともないし話しても大丈夫だろうと。
それにしても「まーた助けちゃった」とか、ヨハンがテンマのことずいぶん色々と話してたみたいなのがまた萌える…。


最後の邂逅シーンは、もう希望というか願いというか。
アニメのニナみたいに抱きしめてあげて―とほんとは思ってるけど、さすがにそれは難しいので、せめてテンマ先生には絶望に陥ってるヨハンの表情を知ってほしいなあと。それで一瞬殺意とか目的とかを忘れればいいんだ…。


真面目な話も。
ヨハンを描くという点ではかなり重要なエピソードだった今回。原作では知り得ない三匹のカエル時代とか、フランクフルト編のヨハンが何を考えていたのかとか。ほぼ妄想というか捏造ですが、解釈のしがいもあり難しくもありました。


まずシューバルト。ヨハンはシューバルトの三匹のカエル訪問をいつ思い出したんだろう? というか思い出したの?
燃え盛る大学図書館で顔を近づけるシーンがあったけど、もうあの時には思い出してるような気がしないでもない……。知ってたから目の中の地獄を見せた? でも知ってたら過去を知るシューバルトに興味がなくなったとは言わない気もする…うーん。


あとマルゴット。彼女と同居していた時期に、チェコの親友(双子の母親)のこともヨハンは聞いてますよね。「ほんとチェコの友達にそっくりね」とか絶対言ってる。でも絵本を読む前のヨハンは過去に興味ないから聞き流してたとか?


赤いバラの屋敷の、母の肖像画のシーン。
あそこでわざわざ着替えてるのって、やっぱり母親の選択が関係してる気がします。まだそこまで思い出してないけど、「僕は妹じゃない」って暗にお母さんに訴えてるんですよ、あれ……。切ない子だなあ。


フランクフルト編。
この辺はヨハンの意思が見えにくいので、かなり難しかったです。ヨハンの顔を見ているエヴァのことをチャペックが知っているのも、よく考えたら謎だし。なのでその辺りも全部ヨハンの計画の内ってことにしたけど、まあまあ間違ってはいないと思います……たぶん。


でもって一番の謎はあの廃屋シーン。
クリストフにも居場所を教えていたんだから、テンマが来ることも予測済みだろうし、ヨハンはあそこで何をするつもりだったんだろう。実際はニナから本当の話を聞いて予定が狂っちゃったわけですが、それがなかったらほんと何をしようと思ってたの? ヨハン全然わかんないよ難しすぎるよ……。
なので小説ではこの辺曖昧にしてますw


さー次はルーエンハイムですよ。
ヨハンを真正面から書くのは難しいし大変だけど……少しでも原作の彼に近づけたらいいな。

[MONSTER]小説・絵(腐向け) | 21:58:18 | コメント(1) | ▲TOP
■ コメント

* このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-21 月 22:13:04 | | [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/235-b15af627

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。