HOME > スポンサー広告 > 夜明けの地平線 加筆修正(小説/MONSTER)HOME > [MONSTER]小説・絵(腐向け) > 夜明けの地平線 加筆修正(小説/MONSTER)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP

これを書いたの、もう3年半も前になるんだなぁ。『水鏡』と同じく訂正したいところや書き足したいシーンが出てきたので色々と加筆修正しました。5000字から8800字とアップしたので以前読んだ方もまた読んでもらえると嬉しいです。


女性向け(テンマ×ヨハン/テンヨハ)も大丈夫という方のみ、下のリンクをクリックしてください。


MONSTER作品置き場へ >>


↓↓↓以下はあとがき、こぼれ話のようなもの。



今回エピソードの追加は『水鏡』ほどではないんですが、かなり細かいところまで修正しました。言葉の選び方から構成、ヨハンの心情の掘り下げなどその他諸々。
今思えば書き足りてなかったところもずいぶんあったなぁと反省。たとえばヨハンが自分で普通に誕生日ケーキを作っていた件も、何も説明がないとびっくりですよねw あのヨハンが!?って。


小説の参考にとドイツ在住の方のブログやサイトでドイツの風習や料理を調べてみました。小説にちょいちょい取り入れているのでリアリティが出てくればいいなぁと思ってます。
修正前では夜にシャワーを浴びていたテンマ先生ですが、ドイツでは夜お風呂に入ることがないそうです。(配管の関係で水音が響き、近所迷惑になるそうです)
ピクニックでも修正前は食べ物を買い込んでいたけど、ドイツにはお総菜を売っている店が実はないとかで、調べてみるとドイツって実際は色々不便だなぁとw


冷たい食事(kaltes Essen)の件もいつか書きたいと思ってずっと温めてたエピソードでした。
先生もドイツに来たばかりの頃はカルチャーショックを受けたんでしょうか。
ヨハンは仕事で疲れてる先生においしい食事を作ってあげて、餌付けしちゃえばいいと思います!


あと今回増えたヨハンの心理描写。
原作ですでにかまってちゃんなヨハンですが、ちょっと不安定にしすぎたでしょうか。ヨハンはほんと匙加減が難しい…。


ちなみにフィクションにおいては、フード理論(フード三原則)なるものがあるそうです。
 1.善人は、フードをうまそうに食べる
 2.正体不明者は、フードを食べない
 3.悪人は、フードを祖末に扱う


これ、MONSTERにも当てはまるんですよね。正体不明者のヨハンは食べるシーンが一切出てこなくて、せいぜいワインかお茶を飲む場面くらい。テンマ先生はこれでもかってくらいおいしそうに食べるシーンがいくつもあるのに。


で、何が言いたいのかっていうと、そんなヨハンが変わったとわかりやすいのが食事シーンの描写なのかなと。
ミステリアスなヨハンもいいですが、どんどん生活じみてどんどん所帯じみていくヨハンもいいな~と思います。もちろん美しさは損なわずに!(ここ大事)


しかし先生に感化されてどんどん知日派になっていくヨハン可愛いですよね。むしろ先生より詳しくなってたりして。

[MONSTER]小説・絵(腐向け) | 18:50:01 | コメント(4) | ▲TOP
■ コメント

* このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-09-07 日 16:03:47 | | [ 編集]

* まるじろうさん、こんにちは!
ハイスペック主夫! 素敵な響きですねハイスペック主夫!!
ヨハンはそつなく何でもこなせそうという個人的なイメージから、とんでもなく万能主夫になりましたw

こっそりつまみ食い、してみたいけどコワいですよね…ヨハンも内心思ってましたけど、ヨハンの料理でも屈せずおいしそうに食べる先生は偉大です。

>先生の笑顔のために、「独自の一工夫」とか「隠し味」とか駆使するハイパーな段階に進化

しますね絶対。間違いなくプロ並になるんじゃないかと思います。
あとドイツ人の味覚は味が濃いのが好きらしいんですが、日本人の先生に合わせてヨハンは若干薄味に作ってるかもしれません。
日ごとにどんどん料理がおいしくなるので、先生も家に帰るのが楽しみになってたらいいな~と思います。どんな新婚夫婦…
ぬか床まで用意して毎日混ぜ合わせてるヨハンは想像したらほんと健気ですね…健気かわゆい…先生の気持ちも鷲掴みってもんですw

お酒に関してはやっぱり書いたあのまんまのイメージですね~。
先生、原作でも酔っぱらって泣いてたし、まあそんなに強くはなさそうです。ヨハンはそう簡単には酔わなそう…

>「自分が仕向けてるから応じてくれてるだけだ……」

あああ確かに思い込みそうです! 切ない! 自己否定の塊ですからねあの子…;;

>先生からの「誕生日おめでとう」は、先生が想定するよりずっと深い意味を持って

誕生日を祝うのって“殺す”ことと正反対ですもんね。祝いの言葉とプレゼントとキスと、ヨハンには忘れられない一日になったんだろうなぁ。

まるじろうさんの新作、今回もしっとりしていてとても素敵でした!
あの二人ももう一緒に暮らしていて(それも庭付き一軒家!?)やることやってるのに、両片想いぽいのが切なくて好きです。ヨハテンの醍醐味ですね。
次の話も楽しみにしています!

>どんぐりさんのヨハンさんと、うちのヨハンがもし同居してたら

わ~この妄想は楽しいですね!
でもですね…うちのヨハンのマメさはテンマ先生のみに発揮される代物なので、もし相手がもう一人のヨハンだったらこれくらいでいいでしょとたぶん適当になっちゃうと思いますw
で結局どっちも不満噴出でお互いやっぱり先生の方がいい……ってことに落ち着くという。

あ、あとヨハンを替えっこするのも面白いですね。
まるじろうさんのとこのテンマ先生は「ヨ、ヨハンがごはんを作ってくれてる……!?」と驚き戦き、こっちの先生は「あれ? ヨハン体調が悪いのかな?」とゴロゴロくつろいでるヨハンの心配をしそう…w

今回もコメントありがとうございました!
モンスタ話楽しかったです~。
2014-09-09 火 20:55:38 | URL | どんぐり [ 編集]

* すごい忙しくて、なかなか伺えなかったのですが、久しぶりに伺ってみたら、小説に手直しされていて、さらに切なく美しく再生されていて、嬉しいやら嬉しいやら。

ああ、お元気そうでヨカッタ…と勝手に喜んでいました。

やっぱ、どんぐりさんトコのヨハテン、いーです。
久々に読み返して、すんごい燃えました。
私は古い人なので『萌える』んじゃなくて『燃える』方です。
ファイヤーっ!!

2014-11-06 木 02:20:35 | URL | KUMA [ 編集]

* KUMAさん、こんにちは! きゃーお久しぶりです、コメントありがとうございます!
KUMAさんもお元気そうで、またこうしてやりとりできて嬉しいです。

加筆した小説も新しく読んでいただけて、切なく美しくとまで言ってもらえて書き手冥利に尽きます~。
ほんといいですよね~テンマとヨハンの関係性…。
二人がこうなったらいいな~と妄想を詰めまくった小説に熱く燃えてもらえるのは嬉しいですね! ファイヤーっ!!
改めてありがとうございました!
2014-11-06 木 19:38:23 | URL | どんぐり [ 編集]
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/254-a7046421

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。