HOME > スポンサー広告 > ロード・オブ・ザ・リング シンフォニーHOME > [エンタメ]ロード・オブ・ザ・リング > ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:-- | コメント(-) | ▲TOP
映画「ロード・オブ・ザ・リング」(LotR)の音楽を担当したハワード・ショアの
初来日記念で行われたコンサート(11日 PM6:00の回)に行って来ました。

ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー」公式サイト(音が鳴るので注意)


●A席からS席に移動

チケットを購入した時すでに安いB席、C席が完売していたので
S席に次ぐA席を購入しましたが、一番高いS席(12000円)が
売れ残ってしまったからなのか、係員の方に誘導されS席で鑑賞することに
なってびっくりしました。こんなこともあるんですねー。

最初座るはずだったA席は一階左側、一番後ろの席だったのですが、
移動した席は一階、中央よりやや後ろの真ん中の席でかなり得した気分でした。
でも安いB席、C席の券で私と同じようにS席に移った方がいたようで
それを聞くとむしろ損した気に(笑)

しかし実際空席が目立っていて、私の前のほうの席はガラガラでしたね。
うーん、時期が悪かったのかな。
映画公開時か、DVD発売前後だったらもっと人が入っていたのかも。
鑑賞料金も高めですしね。
あと夏にもコンサートをやったのでもう行かなくていいやと思った人も
いたのかも。

ただし今回はあのハワード・ショア本人が指揮。
オーケストラもすでにモスクワ公演で好評を博した
「ロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団」とのこと。
こんな経験も滅多にできないということで10000円奮発しましたが、
ネットでのファンの評価を見ると今回は夏のコンサートと違って質が
高かったそうで、思い切って行ってみてよかったです。


●公演の感想

こういうオーケストラのコンサートはほとんど行かないので緊張しましたが、
いざ演奏が始まってみるとLotRの世界に心地よく浸かることができて
大満足の公演でした。

第一楽章の“Concerning Hobbits”が演奏されると
感動で目頭が熱くなってしまったほど。
それまで会場にいてもコンサートに来たんだという実感が
湧かなかったんですが、この曲でスイッチが入ったような感じ。
ホビットの陽気さ、穏やかさが表れてほのぼのとしつつ切なくもある
メロディラインが好きな曲なんですが、生で聴くとまた違いますね。

第二楽章まで、LotR旅の仲間(FotR)の曲を終えた後は20分の休憩。
その後は二つの塔(TTT)から王の帰還(RotK)まで一気に演奏という
プログラムでした。

休憩の後の第三楽章で問題が発生。
いや、演奏は素晴らしかったですよ。そうじゃなくて客の問題。
休憩が20分で短かったからなのか、演奏が始まってからしばらくして
女の子が私のすぐ後ろに席を着いたんです。
なんとその子、他の人はみんな静かに演奏に聴き惚れているのに、
極力小さな声ではあったけれど普通に友達と喋って携帯をいじってる。

やめてくれ。

しかも私の好きな“The Riders of Rohan”が演奏されている時に限って
うるさくするなんて一体どういうことだ。
耳をすませて演奏を聴いていたいのに。
殺意が芽生えた瞬間でした………。
それでもうるさかったのはその時だけだったのが救いでしょうか。

TTTで印象的だったのは、今回のソリスト、ケイティ・ヌーナンが歌う
“Gollum's Song”(ゴラムの歌)。
柔らかかつ力強い、強弱をつけた伸びやかな歌声が美しく響き渡っていました。
個人的にはサントラ盤よりも好きかもしれない。

第5楽章、第6楽章は一番好きな王の帰還(RotK)。
どの曲もよかったのですが、少し残念だったのは“Minas Tirith”の途中まで
演奏しておきながらこの曲のサビとも言えるところを省いて
“The White Tree”に行ってしまったところですね。
映画RotKで飛蔭に乗ったガンダルフとピピンがミナス・ティリスの城塞を
駆けていくシーンでかかる曲です。
ぜひとも生で聴いてみたかったなぁ。
最後の“Into the West”はアニー・レノックスとは違い、女らしい、そして
ちょっとクセのある歌になっていました。
これでこのコンサートも終わってしまうんだと思うと感慨もひとしおでした。

コーラスについて。
この公演はオーケストラの他にソロやコーラスもふんだんに
取り入れられていますが、男声コーラスも女声コーラスも厚みがあって
気持ちいいくらい迫力満点でした。
ただ少年コーラス、特にソロに関してはやはりお金を払って聴くべきレベルの
ものではないなというのが正直な感想ですね。


不満が全くないわけではないですが全体的には素晴らしい公演でした。
演奏がすべて終わると前のほうの観客は立ち上がり、会場は拍手喝采の嵐。
私も拍手しながら心の中で「ブラボー!」と叫んでましたよ、はい。
一度、退場したハワード・ショアとケイティ・ヌーナンですが、拍手が鳴り止まず
何度もステージに戻ってきて苦笑していたのが面白かったです(笑)
本当にいい公演でした。とても貴重な経験になったと思います。

--------------------------------------------------------------

帰宅してからテレビでTTT鑑賞。
やっぱりファラミアは格好良い。
そしてゴラムがとにかく哀れだ。


●RotK SEE 2月26日から映画館で上映決定!

公演でもらったチラシに書いてあったのですが
日本限定で上映されるそうです。
すごーく嬉しいのですが、追加される未公開映像が50分にも及ぶとかで
観るほうもこりゃ大変ですね~。
4時間以上ともなると、おしりは痛くなるしおなかはすくし足はむくむしで
下手すればエコノミークラス症候群になりかねません(;´Д`)
途中で休憩時間を設けてくれればいいんですけどね。
でも行く気満々には違いなく。
あのペレンノール野の戦いを映画館のスクリーンと大音響でまた観たい!



関連記事:
劇場版「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
[エンタメ]ロード・オブ・ザ・リング | 00:50:35 | コメント(0) | ▲TOP
■ コメントの投稿
(チェックすると管理人個人への隠しメッセージになります)

          
■ トラックバック
http://donguri.blog2.fc2.com/tb.php/71-415db0d0

作品別カテゴリ

読みたいジャンルの記事だけ表示されます。

ブログ内検索

複数の語句を半角スペースで区切るとand検索になります。英単語は半角で入力してください。

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。